『アイムホーム』原作と違う最終回とギフトや眠れる森との共通点

木村拓哉「アイムホーム」ネタバレ感想
私の大好きな「医龍」の脚本家でもある林宏司(はやしこうじ)さんの「アイムホーム」、さすがでした!

数あるドラマの中、今シーズンで一番良かったです。
最終回は、ハッピーエンドでホッ^^


木村拓哉さん(SMAPキムタク)の演技と役作り、抜群でしたよね。

恵(上戸彩さん)と剛(田中圭さん)のラブラブ画像を発見してしまった後、帰宅してきた恵を見るあの時の表情とか、過去の自分と現在の自分の演じ分けもすごくうまかったです。



他に注目していた数本のドラマが途中から期待外れで脱落していってた中、この「アイムホーム」は初回からどんどん面白くなって最終回まで毎週楽しみなドラマとなりました。

数々の謎の解明も含めて、ネタバレの感想を熱く語ります。

スポンサーリンク

『アイムホーム』ネタバレ感想・あらすじ【第10話】最終回

スポンサーリンク


もうぶっちゃけて言っちゃいます。

上戸彩(うえとあや・29歳)さんが『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の紗和ちゃんキャラでなく、家路(木村拓哉)の愛を求める妻で本当に良かった♪

こうでなくちゃタイトルの「アイムホーム」が活かされませんもんね。
(原作は「愛無ホーム」と言えるような恐ろしい結末ですが^^;)



仮面に見える妻と息子・・・

家庭は冷え切っていて、しかも息子も本当に自分の子供なのか?とミスリードさせる要素がたっぷりで。

保育士の本城剛(田中圭さん)との怪しさもずっと気になっていました。
上手い演出でしたね~。



最終回で誰もが憧れちゃうような素敵なお家に久(木村拓哉)が帰宅し、息子の良雄(高橋来くん)と妻の恵(上戸彩)が最高の笑顔で迎えてくれるラストシーン、最高でした(*^▽^*)

過去の久は冷徹で性悪で計算高い男でしたが、このドラマの中で鍵の謎を解いていくうちに人間として良い男に変化していきましたよね。

よくできた本当に良いストーリーでした。




木村拓哉は記憶喪失&謎解き系ドラマで魅力発揮

スポンサーリンク


おぼろげな過去の記憶と謎の10本の鍵束。

最初は、

その鍵1本1本にドラマがあって、過去の自分がしてきたことを知り、最後の鍵が開く時に記憶が完全に戻る


まぁ、よくある展開かなぁ?なんて思っていました。


ところが、と~んでもない!

アイムホーム」には見逃したくないがあちこちに散りばめられていて、毎週見たくなる仕掛けがいっぱいだったんです。



謎解きの回答はあとで記述するとして、まずは、木村拓哉さんが記憶喪失&謎解き系ドラマで魅力を発揮するという点。


※追記
私とは真逆の意見がネット上にはあることを、この記事を書いた後で知りました。

でも、それでもやっぱり私は好きだなぁ♪この系を演じる木村拓哉さん♪



1998年のドラマなんですが、『眠れる森』(主演:中山美穂木村拓哉)ってご存知でしょうか?

眠れる森
【中古】眠れる森 A Sleeping Forest DVD-BOX/中山美穂DVD/邦画TV

【中古】眠れる森 A Sleeping Forest DVD-BOX/中山美穂DVD/邦画TV




眠れる森』は主役の中山美穂さんが記憶を失っていて、回が進むごとに謎が解明されていくお話で。

キムタクが演じていたのは、

なぜか15年前の一家惨殺事件の犯人の行方を追い、また、大庭実那子(中山美穂)の過去から現代までも知っている謎多き男にしてライティングデザイナー


伊藤直季という役。

正直、このドラマ、ホント最高でした。名作!

謎のある男を演じるキムタク、すごく良かったんです。
ラストは衝撃的でした(*T△T*)



アイムホーム」では木村拓哉さんが記憶を失っていて、自らで自分の謎を解いていくお話だったんですが、なんとこの原作者:石坂啓(いしざか けい)氏は『眠れる森』の前の年に放映された『ギフト』に影響を受けて書かれたとのこと。

このドラマの影響で実際の殺人事件が起きたことから、今はDVD化も再放送もされない『ギフト』。


楽天オークションでビデオテープなら全巻揃っているんですよね。
パッケージには渋い表情のキムタクがロンゲで上半身細マッチョな裸体で。若い!

楽天オークション『ギフト』ビデオ全巻 売切れ


残念ながら私このドラマ見てなかったんです。
ビデオテープいやんいやん><


この『ギフト』で木村拓哉さんは記憶喪失の青年を演じており、葛藤を描く社会派サスペンスドラマだったようです。



原作者の石坂啓氏の話を聞く機会があったというリスナーから、

「『アイムホーム』を最初に書くときに、ちょうど、同じく記憶をなくした男が主役の『ギフト』(フジテレビ系)というドラマを木村さんが演っていて、影響を受けたと話していらっしゃいました」

というお便りが読み上げられた。

この段階では原作者とは会ってなかったため、木村自身も知らなかったようだ。

「『ギフト』は1997年に放送されたドラマですが、当時殺人事件を起こした少年が、同ドラマ内に登場するバタフライナイフに影響を受けたと言ったことから、現在もDVD化されていない伝説的作品です。

そんな木村のドラマに影響を受けてできた作品で、木村が主演を務めるとは・・・運命的な展開といえます」(芸能ライター)

(出典:http://www.cyzowoman.com/2015/06/post_16387.html)



ギフト』『眠れる森』『アイムホーム』と、記憶と謎が関係しているドラマに出演してきた木村拓哉さん。


こういうミステリー&サスペンス系ドラマで魅力を発揮されているように思います。

今後も楽しみにしていますね!



ドラマと原作で結末が違う「アイムホーム」


原作はコミックで、チラッと見たんですが、見覚えのあるシーンがあったあった^^

すごい、このマンガをドラマ化したんですね。



良雄は本当は誰の子供!?


原作ネタバレなんですが、一番驚いたことが。


ドラマ版では、最終回にキムタクが最後の鍵を開け、DNA鑑定の結果、良雄は本当の家路久の実の息子だったんですよね。


上戸彩は裏切ってなかったんだ。

あんなにダメダメなオットだった過去ののことも愛していて、事故後も献身的なリハビリに付き合ってきて、エンディングでは仮面もとれて最高の笑顔でハッピーエンドで・・・

と、爽快な気分でドラマを見終わっていたんですが。


原作では、親友・山野辺俊の息子濃厚なんです><

えーーーーーーーーーー!?
田中直樹さん、ドラマではサラッと終わっていましたが、原作ではすごい重要人物!



そして、原作のラストはハッピーエンドではなく、仮面ははずれないまま。

「アイムホーム(ただいま)」と心から思えない家庭に帰っていく主人公の久・・・というエンディング。



2015年度版『アイムホーム』を今回のような幸せな笑顔と、感動的な仮面がはずれていくシーンを盛り込んでくれたスタッフ陣に心から感謝したいと思います。本当に良かったです♪




『アイムホーム』視聴率は最終回19.0%


第1回は、視聴率16.7%だったんですって。

ん~?どうかな?なんて思いながら録画して見てたんですが、やはり視聴率も一時は12.6%まで低下していました。

分かる。分かる。


そこからについてや、会社の大変な秘密(損失隠し)をどう正していくのか?とか、先が知りたいことが増えてきて見ずにはいられなくなるんですよね。



 第1話 視聴率 16.7%

 第2話 視聴率 14.0%

 第3話 視聴率 13.5%

 第4話 視聴率 12.6%

 第5話 視聴率 14.5%

 第6話 視聴率 13.2%

 第7話 視聴率 13.1%

 第8話 視聴率 13.4%

 第9話 視聴率 16.5%

 第10話(最終回)  視聴率 19.0%



納得の最終回19.0%です。
実際には録画して見ている視聴者も多いと思うので、もっと高いでしょうね。


今後の木村拓哉さんの俳優としてのご活躍を楽しみにしています。