ジョージ朝倉『溺れるナイフ』 最終回の感想(ネタバレ)追記アリ

溺れるナイフ・最終回の感想
ジョージ朝倉『溺れるナイフ』 17巻(完結)ついに読みました。

私は去年から一気に読み始めたんですが、実際は10年近くの連載で描かれてきた漫画なんですね。


今はただ、もう、茫然としています。
大好きな『溺れるナイフ』が完結してしまったんだなぁ・・・と。

スポンサーリンク

【追記】『溺れるナイフ』映画化にショック!

スポンサーリンク


このブログ、実はとても読んでくださっている方が多いんです。
とくに無料漫画サイトなどでキャンペーンがあったりすると、ググーン!とアクセスが伸びる。

最初の数巻読んでしまったら、もう最終巻まで一気読みしたくなる勢いのあるコミックですもんね。


きっと、みなさん最終回の余韻とか胸のざわざわを沈めたくて、同じように『溺れるナイフ』を読んだ感想や意見を求めてネット検索されるんですよね。まさに私もそうでした!


こうして自分でブログに記事をアップしてからは、アクセスが伸びる度に、まさか!?

ドラマ化や映画化の情報があったのかな?


と焦りながら検索しては、
良かった、ドラマとか映画でアクセスが伸びたんじゃなかった」と、実写化されないことにホッとする日々でした。



油断していました。



2016年11月5日(土)
『溺れるナイフ』全国ロードショー


夏芽:小松菜奈さん
コウちゃん:菅田将暉さん
大友:重岡大穀さん(ジャニーズWEST)


あ、菅田将暉さんのこと、私、大好きなんです。でも・・・コウちゃんかぁ。

また映画版につきましては、追って記事を書かせて頂きます。




『溺れるナイフ』の世界観が好き


なんだか1ページ1ページじっくりと読みたい漫画で、読みながら心の中が騒がしくなるような、キレイに浄化されていくような、とても不思議な感覚でした。



夏芽とコウの出会いは小学生。


今、1巻を振り返っても、2人が出会いのシーンに感じた衝撃を私も一緒に共有したかのように覚えています。


そして、その時からコウちゃんに溺れました(*^^*)


夏芽と同じ気持ちになって読んできたから、ホント、一緒に苦しんで、一緒に切なくなって・・・途中は苦しかったー!



普通の少女マンガにはないキャラ設定と背景ですよね。


神々しい魅力というか、型にはまらない危うさというか、本当に神さんのような圧倒的な存在感でした。

魅力的だったわ。コウちゃんの目も行動も。



あの事件をきっかけに、急激に光を失っていく展開も本当によく描かれていて、それだけに最初の小学生時代をまた読み返したくなるくらい・・・


私自身も神さんのコウを追いかけてしまってたみたい。


思いもよらない展開がどんどん起こって、夏芽コウ、それにカナ大友はどんなラストを迎えるんだろうって新刊が出るのが待ち遠しくて待ち遠しくてたまんなかったです!


長い物語が完結する17巻。最終回ネタバレ


私はラストに満足できました。
あ、もっともっとこの世界観に浸りながら読んでいたかったので完結してしまったのは残念なんですが。


白黒の紙の上なのに、もうコウちゃん、キラキラキラキラと輝いてましたからー。海のシーンなんてもうホント綺麗。


夏芽コウだからこその激しい、穏やかな、不思議な感覚。


主役になれなかったカナちゃん、小屋でそんなことがあったなんてと思うと切なくて切なくて。


夏芽とコウをホッとした表情で見ながら去っていく姿に胸がギュッとつかまれました。いつか幸せな恋をして欲しいな。



溺れるナイフ』は夏芽とコウの物語だけど、あのまま大友と優しくて温かい愛情に包まれながら生きる夏芽を見ていたかった気もするなぁ。


大友くんの方が幸せにしてくれると思うんだけど、夏芽は相手に幸せにしてもらうキャラではないもんね。



夏芽とコウはハッピーエンド?(解説、希望!)

スポンサーリンク


カナちゃんと大友くんのその後、夏芽とコウのその後とか・・・続編を読みたいですよね。


もっともっと最終回を丁寧に描いてほしかったと思うんですが、夏芽とコウはその後、再会して長い年月を経て結ばれていますよね。

シングルマザーとして生きる様子とか、再会した時の幸せな時間とか、2人の子どもも見たいのに、文章だけで説明だなんて。
どなたかもっともっと詳しく2人のこと解説してくれ~><


きっといろいろなドラマがあったはず。

これが夏芽とコウなりのハッピーエンドの形なんだと納得をして読みましたが、文章だけで読者に想像をさせるラストは正直物足りなかったです。
もっともっと、2人のことを見ていたかった。



このブログにも、検索をして来られる方が本当に多いんです。
最終巻が発売されて月日が経つ今なお「溺れるナイフ」の人気はスゴイ!という証拠ですよね。


この漫画を読み終わった後に心に広がっている思いを共有したくて、ネットで検索しちゃうんです。
私もそうでした。


溺れるナイフ」の続編、信じて待っています!

夏芽とコウのその後のストーリー、大友とカナちゃんがそれぞれ幸せな恋愛をしているスピンオフを切望。



溺れるナイフの映画化をやって欲しくない理由


ドラマ化映画化は、やって欲しくないなぁ。

神々しいコウの魅力を映像で出せる役者はいないから><

万が一、実写化するとしたら、コウ役は無名超演技派イケメンにしてください。


神々しさを表現するには神秘性が大切なので無名に限る!


溺れるナイフ』良い漫画でした。
ジョージ朝倉先生、ありがとうございます。