紫外線対策に欲しいサングラス・グッズは?シミ予防の食品・食材

春の紫外線対策
乾燥の“冬”から“春”に季節が変わり、紫外線が気になる日差しになってきました。

スキンケアも少しずつ変えていくことが大切ですね。


紫外線が3月から増え始めることから、5年後10年後のお肌がシミや皺だらけなんてことに成らないように、春の紫外線対策を怠たらずにしっかりケアする方法と、その他の注意点をご紹介します。


スポンサーリンク

肌だけでは無い紫外線対策

スポンサーリンク


冬のお肌は乾燥がちで、保湿を重点的にスキンケアをしますよね。

でも、実は冬も紫外線にお肌は晒されているのです。


冬場でもすっぴんで外に出て、日差しを浴びれば日焼けもしますし、紫外線によるシミの危険も増えてしまいます。

・・・私もよくすっぴんで出ちゃうので反省^^;



冬が過ぎ、春3月になるころには紫外線が急増して、冬場に白くなった肌を狙い定めます。

check
紫外線に狙われているのは肌だけではありません。
たとえば、目も紫外線で日焼けをします。

紫外線が目に入ると、体全体のメラニン量が増加してシミやそばかすができやすい状態になります。

目を紫外線から守ることが、肌ケアにも通じます。


目を紫外線から守るサングラス【通販】


を紫外線から守るには、めがねやサングラスをかけるなどが有効的です。

サングラスはあまり濃い色ものは選ばず、UVカットの色の薄いものを選びましょう。


また、視力的にめがねは必要ないと言う人もダテメガネを掛けると良いでしょう。


髪の毛や頭皮を紫外線から守る紫外線対策グッズ


目と共に紫外線に注意しなければいけないのが髪の毛です。


身体の中で一番太陽に近いのが髪と頭皮で、もっとも紫外線の影響を受けやすい場所です。

紫外線を浴び続けることで、髪は乾燥してキューティクルを失って艶や柔軟性が無くなります。



肌と同じように髪や頭皮も紫外線から守る必要があります。

たとえば紫外線対策効果のあるヘアトリートメントを使用する、お出掛けのときには帽子を被る、日傘を指すなどがシミ予防に大変効果があります。




紫外線対策(シミ予防)に効果のある食品・食材

スポンサーリンク


紫外線対策に肌のために化粧品でケアすることも大切ですが、食品食材で紫外線対策が出来ます。


紫外線対策に効果のある食品とは?
ビタミンを多く含むものや、βーカロチンや亜鉛なども大変効果があります。


どんな食品に多く含まれている?
ビタミンを含むトマトには、ビタミンの他にリコピンと言う成分が含まれています。


リコピンは抗酸化作用があり、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する働きをします。

トマトは加熱するとリコピンが増加しますので、肌荒れの予防効果あります。



その他に、ビタミンCを多く含む食品は、いちごやキウイなどの果物。

βーカロチンは人参など緑黄色野菜に多く含まれています。



アーモンドにはビタミンが多く含まれているため、血の巡りを良くし、身体にも良い効果を上げます。

ビタミンEを多く含む食品としては、レバーや納豆を食べると効果的です。



また、お茶にはポリフェノールやカテキンが多く含まれていて、一日2杯以上飲むと良いとされています。

その他にも抗酸化作用のある赤ワインもお肌に良いとされています。




一度にたくさん栄養素を摂ることは難しいですが、意識的にビタミンを多く含む食品を摂ることで紫外線対策になります。


いつもコーヒーなどのカフェインを多く含む飲み物を飲んでいるのなら、是非、柑橘系のジュースも飲むようにしましょう。

またお菓子なども、できれば果物やナッツ類に換えるとビタミンを簡単に摂れることになりますね。



紫外線に負けないお肌を作る

 
紫外線は、ちょっとした工夫で遮ることができます。

スキンケアを小まめにすることはとても大切で、肌の外からのケアと食品を食べて栄養素を取り入れる内側からのケアとダブルでケアをすれば、より効果的に紫外線対策の効果が現れます。


シミ、そばかすが一つもない素肌美人を目指すのであれば、春で敏感になっているお肌にダメージを与える紫外線を対策をしっかりとするようにしましょうね。