梅雨のカビ・ダニ対策・風呂掃除、もう悩まない生活術と方法

梅雨のカビ対策・風呂掃除
今朝も雨ですね。じわじわと梅雨の季節がやってきます。

毎年、梅雨の季節に湿気やカビで悩んでいませんか?


忙しい日々の中で丁寧にカビダニ対策したり、毎日すみずみまでの風呂掃除はなかなか実践できないもの。


それでも健康のために絶対になんとかしなくてはならないカビについて、もう悩まなくてよい生活術と方法をまとめました。

スポンサーリンク

カビ・ダニ対策に重要な湿度管理と換気って?

スポンサーリンク


まず、お家に湿度計はありますか?


ご家庭での丁度良い理想の湿度50%前後と言われています。


check

何故50%が良いのか?

ダニやカビは湿度50%を超すと活動し始めて、60%を超すと急激に活動し繁殖を始めるからです。



では、もっと低い湿度にすればカビダニを防げて良いのでしょうか?


いえ、いえ。
反対に低すぎると、今度はインフルエンザバクテリアが活動しやすくなります。



そのため、カビ・ダニ対策と風邪やインフルエンザ予防を考えると、健康に良い理想的な湿度は
50%前後
だと覚えておきましょう。



その湿度を保つためにも、お家にひとつ湿度計があると常に湿度管理が出来るので便利です。


カビやダニの繁殖には温度も関係してきますので、できれば温湿度計をおすすすめです。



【換気】梅雨のカビ・ダニ対策

スポンサーリンク


朝起きると、お部屋の窓を開けて換気をすることを習慣にしましょう。


実は、寝室にしているお部屋は


カビやダニの繁殖しやすい場所。



人は眠っている間に汗を掻いているのはいることは知られていますが、それが、

布団ではなく水蒸気となってお部屋に充満している


ということはあまり知られていません。



この水蒸気がお部屋に湿気をもたらして、想像以上に湿気を溜めていくんです^^;



窓を開け、お部屋に風の通り道を作り換気を心掛けることが必要です。


晴れた日には布団を干すことも必要で、雨が続くなど干すことが出来ない場合は布団乾燥機などを利用することも方法ですね。


ダニは

 ・温度 20~30℃

 ・湿度 60~80%

で大量発生します。


布団乾燥機を高温で掛けるとダニアレルゲンを除去してくれますので、大変効果的ですね。



話題のレイコップなどで寝具に掃除機を掛けることもダニアレルゲンの除去に効果的です。

ビックリするぐらいよくとれます^^;



梅雨の前にカビ対策【風呂】


特に梅雨時、お風呂場はお家の中で一番カビが発生しやすい場所です。


特にマンションの浴室などは窓のないお家も増えていますので、高温多湿のカビの宝庫と言っても良いでしょう。



check

では、このカビの発生を抑えいつも清潔な浴室を保つには、どの様な注意が必要でしょうか?



1


 入浴が終わったら、必ず換気する。



窓を開けたり換気扇を回したりすることを忘れずに行いましょう。


ちなみに我が家は、新築で入居して以来365日24時間ずっと浴室の換気扇はONです。



カビ・湿気対策の生活術

換気が足りない場合は、扇風機を回すと大変効果があります。


夏場だとこの扇風機作戦が涼しくて、お風呂上りには心地よく換気が出来ますね。


余談ですが、
この扇風機で換気作戦は押入れの中や靴箱の中などにも効果的ですので是非オススメします。




2


湯船にお湯が残っている場合は必ず蓋をする



お湯が残ったままの湯船に蓋をしないまま換気をしても効果が有りませんので注意しましょう。




チェックポイント3


脱衣場や洗面所も必ず換気する。



お風呂場に続く脱衣場や洗面所なども濡れた体のままで使用しますので、こちらも換気を必ず心掛けましょう。


できれば入浴後にお風呂場を出るときには、水分をできるだけ拭き取って出てくるように心掛けたいものですね。




ランキング4
水分が付いたままで乗るバスマットは、小まめに洗濯をしましょう。

 ・カビやダニが大量発生

 ・湿気たままで使用していると水虫の原因



にもなります。



ランキング5

尚、毎日のお風呂掃除は、水で洗い流すだけではなく、必ず浴室用洗剤などで洗うようにしましょう。



その他の防湿・防カビ対策


せっかく換気などで湿度やカビ対策をしていても、雨の日などに水分を持込むと元も子もありませんね。


雨の日に帰宅するときには、濡れた傘は家に持ち込まない、濡れた服は出来れば直ぐに洗濯することをオススメします。


洗濯機もカビが温存しますので、洗濯層がカビだらけと言うことも有りますので、小まめに洗濯槽クリーナーなどで掃除をして綺麗にしておきましょう。