引越し挨拶の今時の常識マナーは?喜ばれる粗品は?熨斗いる?

引っ越しの挨拶マナー

引越しが決まれば、たくさんすることが有り、忘れがちなのがご近所への挨拶ですね。

挨拶って私はとても大切だと思っています。

これまでお世話になったご近所さんに対しても、新しい土地でこれからお世話になるご近所さんへも。

最近では、引っ越し挨拶をされない方も多いようで、今時の常識マナーとして『必ずあいさつ回りをする』というものは無くなっているようです。残念なことに。

でも、自分にとってその土地が、その家が、一生住むものであるなら、やっぱり最初のご挨拶はしたいもの。

引越し挨拶の今時の常識マナー、喜ばれる粗品、そのギフトに熨斗がいるか等について調べました。

引越し挨拶はどの範囲までが必要?【マナー】

引っ越しは、戸建の場合は自分の家の両隣やお向かいなどと敷地が接しているところには必ず挨拶に行きましょう。

マンションやアパートなど集合住宅の場合は両隣と上下の階にも挨拶に行きましょう。

小さな子供さんがいる場合

特にこの上下の階の方に迷惑を掛ける場合が有りますので、必ず挨拶に行きましょう。

できれば一緒に子供さんを連れて行く方が親近感も湧き良いのですが、行けない場合も子供がいる旨をお知らせしておくとよいでしょう。

忘れて行けないのが、賃貸の場合はオーナーさんや管理人さんへの引っ越し挨拶です。
戸建の場合は町内会長や自治会長など地域の活動をされているところにも必要ですね。

もちろん、引越した先の近隣には挨拶をしますが、今住んでいるお家のご近所にも挨拶をして引越しをすると良いですね。

立つ鳥跡を濁さずと言う言葉も有るくらいで、お世話なった隣家や大家さんなどにご挨拶をすることも大切なことかもしれません。

引越し挨拶で喜ばれる粗品は?

引越しが決まれば、引越し業者の手配や荷造りに住所などの変更や公共料金の事務手続きなどなど、本当にすることがたくさんあって猫の手も借りたいくらい忙しくなります。

そんな場合も忘れてはイケないのが、ご近所への挨拶をするときの粗品です。

引越し挨拶で、そんなに値が張る高額なものを頂いても驚かれますし、変な見栄を張る必要もなく、最初のご挨拶として心ばかりのを持参しましょう。

例えば、洗剤やタオルなどが一般的ですが、遠隔地での引越しの場合は引越し前の地元のお菓子などを買って行くのも、挨拶時の話のネタになり良いかもしれません。

粗品を購入時に熨斗も付けてもらうよう依頼しましょう。

最近では、インターネットでおしゃれな粗品が安価で購入できますので、引越しの多忙時期に利用すると便利ですね。

引っ越し挨拶の品に熨斗(のし)は必要?

挨拶に持って行く粗品には、ご挨拶と書かれた紅白の水引きの熨斗を掛けたものが一般的です。

熨斗の下部分には、苗字を記入して名前が分かる様にしておきます。
粗品の包装紙の上から熨斗を付けておくようにすると良いでしょう。

引っ越し粗品の熨斗(のし)例

(出典:http://otoya-gift.com/?mode=f60)

無地のしでされる方も多いですが、ご挨拶の後で名前を忘れても、苗字があると覚えてもらえて良いでしょう。

お引越しの挨拶に行くタイミングは?

引越し前のご近所への挨拶

当日はバタバタして時間が無くなると言うことも考えられるので、出来れば引越し前日までに済ませて置くとよいでしょう。

俗に世間は狭いと言います。バッタリとどこかで会う事も有るかもしれません。

丁寧にお世話になったことをお礼し、引越しの荷物が運ばれた後でゴミなどが散乱していないように掃除をし、綺麗に引越しをしましょう。

引越し先のお家での近隣へのご挨拶

出来れば当日、どうしても遅くなる場合はあくる日でも良いですが、あまり日にちが過ぎてしまわないように注意しましょう。

家族全員でのご挨拶がベストですが、無理な場合、簡単な家族構成を知らせておくことも緊急時に助かる場合もあります。

これからお世話になりますなどの挨拶をして、小さなお子さんやペットなどがいる場合、お騒がせすることもありますがと丁寧に伝えましょう。

check

勿論、一人暮らしの女性の場合は少し挨拶の仕方が変わってきます。
防犯上、一人暮らしを近所に知らせて廻る必要はないので挨拶には廻らないと言う人が増えています。

お引越しの挨拶は近所付き合いを円滑にします

最近では、ご近所付き合いなどは希薄になり、引越しの挨拶など必要ないと考えるかたも少なくないですが、日々暮らしていると、どんなことが起こるか分かりません。

緊急時にご近所の方に助けてもらう事も有るかもしれませんし、日常、顔を合わすことがあっても挨拶もせずに通り過ぎるなどは、気分も良くありませんね。

引越し時に挨拶回りで、暮らしやすくなるのであれば、社会人のマナーとして心を込めた手土産と共にお引越しの挨拶をすることをお薦めします。