【株】主婦ならではの失敗談(損切りの目安とポジショントーク)

初心者の主婦(私)の株の失敗談と今後に活かす方法をブログに覚書

株は一瞬で大損する失敗例が数多くあるので、節約意識の高い主婦からすると理解のできない世界だったりします。

コツコツと働いて、コツコツと無駄を省いて、コツコツと貯蓄(金利0.01%^^;)していく方が安心…。

と、私も思っていました。

が!!
使い道がずっと先の予定(老後かな?)の貯蓄を一部だけ資産運用してみようと思い立ち、勉強しつつ運用開始。

家のローンや子どもの教育費を考えると、失ってもOKと思える余裕のお金がない為、そんなに大きく投資することはできません。

↓なのでまずは10万円以下から始めました。

楽天証券NISA口座開設|初めての株取引とポイントで投資信託
初心者ならでの視点で口座開設から初めての注文までの方法と注意を 自由になるお金は全然ありませんが、使い道がずっ...

まだまだ少ない投資額ながら失敗も経験し、対処法も学ぶことができました。

きっと、これからも引き続きいろいろと失敗しながら学んでいくと思うので、どんどん更新していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【損切り(そんぎり)】で失敗!?

最初に買った銘柄は、
破産者が続出したといわれる『サンバイオショック』(サンバイオ:4592)でバイオ業界がダダ下がりした時に、シンバイオ(4582)を購入。

利回りも株主優待もありませんし、初心者が最初に買う株ではないように思いますが…。
バイオ業界には未来があるような気がして注目していたところ、値下がりしてくれたので。

1万8千円ほどで100株買えました。

しかしながら、値動きがなくてパッとせず。
と思っていたら、みるみる株価が下がってきました。

主婦なので赤字が続くとツライ…

まさかサンバイオみたいなことになるんじゃ…(不安)
損切りになってもいい(動揺)
もうシンバイオいらないー!(拒否)

と思って、逆指値注文をいれることに。

それ自体はリスク回避として正解ではありますが、主婦だけに我慢できる限界値がマイナス1,000円だったという…

そして運命の日。

株価は私の逆指値までドン!と落ちました。一瞬だけ。
気がついたら約定(やくじょう)…マイナス1,000円確定…Σ(・ω・ノ)ノ!

…その日、どんどん株価は上がり200超え…。

私も+20円超えの世界を見たかった。
シンバイオ株は今も順調です。高く感じてもう買えませんが…

そういうことってあるんですね。
一気に下がってから~の爆上げ。
我慢できずに売ってしまって後悔する気持ちが分かりました。

私がすべきだったのは損切り「Loss cut(ロスカット)」ではなく難平(ナンピン)買いだったかも。または我慢して乗り切るか。

まだまだ少ない投資額なのでこれしきのことでって感じですが、やがて大きな金額を動かすようになる前に良い勉強になりました。

追記

この記事を書いてからまだそんなに経っていませんが、今や取引する金額が大きくなってきました。
なので、少しのことでは動じなくなってきました。

長期で持てる株を選んで購入しているので、長い目で見れるように。

見極める力やマインドも勉強中です。どんどん更新していきますね。

成功のために|損切りの目安と自分ルール

一般的に損切りの目安は
『買値から、10%~20%下がれば損切りする』
と言われているようです。

今回の私に当てはめると

買値 18,000円
-10% 1,800円
-20% 3,600円

ということになりますが。

…主婦にはこの一般常識な売買感覚は無理です!

なので、自分ルールを作ります。

買値 18,000円
-2% 360円
-5% 900円

金額にもよりますが、このぐらいあたりかしら。

今回は1,000円で損切りしたので、まぁ、間違ってはいなかったのです。
たまたま爆上げしたので地団駄を踏みましたが(笑)

自分ルール
-5%

を目安に損切り(ロスカット)を検討する。

銘柄によってベストな損切りタイミングは変わってくると思いますので、まずは経験あるのみですね。

ちなみにこれを機会に長期保有できる株もみていくことにしたので、そういう場合の損切り基準はまた変わるかもです。

追記

この記事を書いた時に考えていた-5%になっている株はありませんが、長期で持てる株と思って購入しているので、もしそのラインに近づいてきても今のところすぐにロスカット予定はありません。

ただいま修行中。また更新させていただきます!

【ポジショントーク】で失敗、判断力を鈍らせる罠

実は、損切り覚悟の逆指値注文をする前に、株価が買値までふらりと上がり、その後プラスになる瞬間がありました。

マイナスが続いていて魅力を感じなくなっていた株でもあるので、その時に売ってしまえば良かったのですが…

SNSで繰り広げられる株の話を、初心者で右も左も分からなかった私は、とても参考にしていました。

今よりもっと 上がるかも。

今よりもっと 下がるかも。

そんな風に気持ちを動かされることで、判断力が鈍ってしまうんですね。

今回の失敗で分かりましたが、掲示板やSNSやブログでの書き込みは信用してはいけません。

メディアリテラシーの意識は高いつもりでしたが、全然ダメでした^^;

未知の世界こそ、安易に信じちゃいけません。特に匿名の書き込みは。

ポジショントークとは?

株式・為替・金利先物市場において、買い持ちや売り持ちのポジションを保有している人が、自分に有利な方向に相場が動くように市場心理を揺さぶる発言をマスメディア・媒体などを通して行うことを指す和製英語。

有価証券の価格変動を目的として行われる「風説の流布」は虚偽の情報を流すことを指しているが、ポジショントークは「虚偽」ではなくあくまで「市場予測」であるため、これをもって風説の流布として摘発された事例はない。

ただし明白に虚偽とは言えなくとも、合理的な根拠のない情報であれば罰せられるおそれがある。

(出典: Wikipedia)

また、金融機関のアナリストや経営者などがメディアを通じて語る相場見通しや、個人投資家の投資ブログなども、ほとんどがポジショントークと言えるので注意した方が良いとのこと。

株に関してはお金が絡んできますので、売り買いする時は自己責任。
誰かが言ってたとしても、書いている記事を読んだとしても、決断する時は自分の意志。

また失敗談が増えたら更新させて頂きます。
そういうことのないように、ますます勉強しますが(笑)

タイトルとURLをコピーしました