バレンタインデーのチョコに英語で心に響くメッセージをつけよう

バレンタインデーに英語でメッセージを添えてセンス良く

バレンタインデーに好きな男性にチョコレートを贈るのに英語のつづりでメッセージカードを添えてみたいと思いませんか。

日本ではバレンタインと書く時にカタカナ表記で書かれていますよね。
『バレンタインデー』は、カタカナ英語の中でもつづりやスペルが分かりにくく悩んでしまう方も多いといわれています。

そこで、今年のバレンタインデーには、正しいつづりで優雅にメッセージが書けるようにしてみませんか。女子力が上がると思いますよ。

バレンタインデーを英語の正しいつづりで書くと?

さて、バレンタインデーつづりですが、間違って覚えていませんか。

例えば

誤) Valentane’s Day

この綴りは意外と多くみられるスペルミスですが、どこが間違っているか分かりますか。
tの後がiではなくaになっていませんか。

英語でメッセージなどを書く際、スペルミスをしてしまうと、せっかくのバレンタインデーの雰囲気も台無しになってしまうかも^^;

ここで、正確なバレンタインの綴りを覚えて置きましょう。


バレンタインデーの正しいつづりは?

Valentine’s Day

また、正しくは“聖なる”と言う意味の【St.】を付けます。

正) St. Valentine’s Day

が正式なつづりになります。

バレンタインデーに英語のメッセージを添える

バレンタインデーに渡すチョコレートに添えるメッセージは、英語にしてみませんか?

渡した後に「私の気持ち」と一言添えて告白の意味を込めるのも良いかもしれません。
相手の方もメッセージが気になり読んでくれますよ。

また、口で言うよりも英語で書かれると素直な気持ちが伝わるので、オススメします。

カードで渡すメッセージも様々あります。
友人や恋人、ご主人に家族と様々なメッセージがありますので、使い分けてみましょう。

片思いの相手に贈るメッセージ

片思いの相手に贈るメッセージは、自分の想いを伝えたいけど、日本語はストレート過ぎて恥ずかしかったりしてますよね。
では、どうするか。

Be My Valentine.
私の大切な人(恋人)になってほしい。
pleaseを付けると可愛らしく見えるそうです。


You are always in my thoughts.
いつもあなたの事を想っています。
女性方から言われると男性はちょっと、ドキッとしまいますね。


My heart is your only ones.
私の心は貴方だけです。
って言われたらうれしいですよね。


Be My Valentine.
私の大切な人になって下さい。
「Please」を付けると可愛く聞こえますよ。

英語のメッセージだと照れる(*ノωノ)ことなく素直な気持ちを書くことができますよね。

今年はこんな感じで気持ちを込めて贈ってみませんか。
おススメします。

恋人やご主人に贈るメッセージ

普段から一緒にいると【居るのが当たり前】と思っていませんか。
今年のバレンタインは特別な日にしてみましょう。

そこで、いつも言えない言葉を英語で伝えてみるのも良いですね。

I want to spend the rest of my life wiht you.
貴方と、いつまでも一緒にいたい。


Hug Me./Kiss Me.
抱きしめて/キスして
恋人に贈るメッセージにいかが。


XOXO
キスハグキスハグ
kissとhugを略した言葉です。
バレンタイン以外にも親愛の気持ちを添える時に、メールや手紙の最後に良く使われています。

チョット砕けた英語で甘い言葉をメッセージで送ってみましょう。

友達や家族に贈るメッセージ

友達や家族、そしてお世話になった方に贈るに、メッセージで伝えてみませんか。

I always love you.
ずっと愛しています。
友達や家族に対して使えるメッセージです。


Thank you from the bottom of my heart.
心を込めて感謝します。
お世話になった方に贈って見てはいかがでしょうか。

バレンタインカードは、片思いから恋人、夫婦の愛情を深めるには大切なカードです。
気持ちを伝えたい素敵な英語のメッセージはありましたか。

伝えたい相手にメッセージを送ってみてはいかが。

本音の気持ちを伝えるからこそスペルチェック

贈りたい相手に英語でメッセージを贈るに綴り覚えて素敵な筆記体で書いてみるのよし、また、可愛らしくデコメして書くのも良いですよね。

英語でのメッセージは、自分の気持ちが素直に伝わるのでおススメです。

ただ、綴りを間違えないように気を付けましょう。
せっかくのバレンタインの気分も半減してしまいますので、間違えない様に意識して書いてくださいね。スペルチェック、忘れずに。